What is humic acid

腐植酸とは

_


腐植・腐植酸の定義

 「腐植」とは、土壌中の有機物のうち、生きている微生物や新鮮な動植物遺体を除くすべての土壌有機物のことを指します。

 「腐植」のうち、アミノ酸や多糖類などの非腐植物質を除いたもの、動植物遺体が土壌生物に分解・再合成された暗色の高分子化合物を「腐植物質」といいます。

 この「腐植物質」は3つに分類され、アルカリに溶けて酸に溶けないものを「フミン酸」、アルカリにも酸にも溶けるものを「フルボ酸」、どちらにも溶けないものを「ヒューミン」といいます。

 一般的に「フミン酸」と「フルボ酸」を合わせて「腐植酸」と呼んでいます。


毎作ごとに消耗する腐植酸

 上記の腐植酸が土壌中には不可欠であり豊富であることが望ましいですが、栽培過程で腐植酸は消耗していくため、どうしても不足しがちです。腐植酸を補う方法の一つとして堆肥の投入が考えられますが、一般的に堆肥に含まれる腐植酸の含有量は1~2%といわれています。実際に植物遺体や未熟な有機物が腐植化するまでには多くの時間を要します。

 腐植酸を補うための堆肥の過剰投入は、肥料成分の過多や未分解有機物による土壌障害が起こる可能性があります。そのため、適正な量の堆肥を施用し、低位泥炭を原料とする腐植酸を豊富に含む地力増進資材との併用が土づくりには必要です。